• 概要

IMG_3655
IMG_3656
IMG_3657
発電機を作成し、見張り塔を起動させることで行けるようになるエリア。
銅鉱石を採集することができる。
現時点では、そこまでのうまみがないエリア

周回にはある程度の準備が必要となる。
ここでは、
松の丸太
・ボーキサイト
・松の丸太
・鉄鉱石
・銅鉱石
・毛皮
などがとれる。

しかしながら、とれる銅鉱石の数は少量である。
寒冷のへき地では5,6個。
木が囲む丘にいたっては、2,3個という少なさ。

寒冷のへき地と木が囲む丘を交互に回ることで多数の銅鉱石を掘るのもいいかもしれないが、必要となる武器、装備などは少なくはない。

銅の延べ棒がほしいのなら、リサイクラーで電池や時計を分解していたほうがいいのではないかと思えるくらい。

銅鉱石を掘るには、鉄のつるはしが必要。

家で作成し、持っていくようにしよう。

エリア内に鉄の鉱床とは異なる黒光りする鉱床があり、これを掘ることで、銅鉱石が1つ得られる。

IMG_3666
  • 敵の種類

「荒れ狂う狼」「素早いゾンビ」「毒を吐くゾンビ」「むくれたゾンビ」、「猛毒持ちのゾンビ」など。

IMG_3663
IMG_3667
しかしながら、寒冷地仕様の「素早いゾンビ」や「むくれたゾンビ」は、こちらに攻撃を加えるたびに一定値のHPが回復するようになっており、高威力の近接武器を使うか、遠距離武器でないと倒すのは楽ではない。
近接武器の場合、ダメージを受けるたびに毛皮装備が壊れてしまうために、後述の凍え状態になりやすくなる。

  • おすすめ武器・装備・アイテム
上述の敵の手ごわさから、近接武器はマチェテなどを推奨。
遠距離武器であれば、ジップガングロックなどは数個持っていくこと。

装備は後述の毛皮装備

回復アイテムは、家から十分な数を揃えていくこと。

また、敵のドロップとして多めに布切れが落ちるので、敵から拾った布切れで、平均10個前後の包帯を作れる


  • ドロップアイテム
ボックスから手に入るアイテムは他のレベル3のエリアと同じようなもの。
箱の出現数は5つほど。

寒冷のへき地内の戦車の残骸からはちょっとしたレアアイテムが出ることがあるが、わざわざここに来るほどのものでもない。

IMG_3660
IMG_3661

その他、稀にプレイヤーや箱からジップガンをはじめとした銃火器が手に入ることがある。
これも今までのレベル3エリアと同様。
なぜか他プレイヤーは寒冷地にふさわしくない軽装でうろついている。

IMG_3665

  • 凍え状態について
寒冷地である寒冷のへき地、木が囲む丘では、気温が低いため、毛皮装備などを装備していないと時間経過でプレイヤーが凍えてしまう。

IMG_3662

凍え状態には2つの状態がある。

1.半凍え状態
凍えマークがプレイヤー頭上に表示され、攻撃動作が緩慢になる。
2.完全凍え状態
そのまま放っておくと移動が遅くなり、アイテムを回収することができなくなってしまう。
さらに、徐々にダメージを受ける。

この状態で複数の敵に襲われると危険なので、保険として強いアルコールを数個と、毛皮装備を持っていくといい。

  • 凍えにくくするために、凍えからの回復法
強いアルコールを使用することで、完全な凍え状態から少しの時間、回復することができる
毛皮装備を装着することでも、半凍え状態から回復できる。また、凍え状態に陥らなくなる。

また、エリア内にある焚き火に松の丸太を5本使用すると、火で暖を取ることができ、凍え状態から回復できる。
IMG_3669
IMG_3670


通常は、画像のように、4箇所を毛皮装備にしておけば凍えることはない。
(3箇所だけ毛皮装備だと、いずれ凍えてしまうことがあるので、全部位を毛皮装備にしておくことが望ましい。)

IMG_3668


また、装備品を付けていない部位が無いようにすることで、凍えにくくなる。
防御力の高い装備ほど凍えにくくなるようなので、可能であれば厚手のジャケット以上の装備でも、凍え対策には有効となる。

いずれにせよ、凍えマークが表示されることがあれば、まだ動けるうちに迅速に毛皮装備を装着するのが良い。

どうしようも場合は、諦めてエリア外に脱出するしかない。